視力回復手術の効果

Solo 24 Horas 視力回復手術の効果TOP

視力回復手術による近視のレーザー手術効果

近年、近視手術で「レーシック」と言われるレーザー手術が一般化してきた様に思えます。
ではなぜ、こんなに普及をし始めたのでしょうか。

そこには、以下の理由が挙げられます。

一つには、手術時間が短縮された事にあります。これにより、日帰り手術が可能になりました。

次に手術後の視力回復進度が上がった事にあります。手術後からメガネやコンタクトなしに生活ができるようになりました。

最後に両目の手術が一度にできることです。片目の手術時間は、ほんの数秒で終わってしまいます。

回復力に関して話すと個人差がありますが、0.1未満→1.0以上になる確率は、90%前後になり、100%の確立で元の視力以上の効果が期待できます。今までの近視回復方法からすれば、異例の回復力になっています。

実は、この「レーシック」、古くから確立された安全性の高い術式だけに留まらず、日々進化・発展しており、現在では、「イントラレーシック」と呼ばれる術式も誕生しています。

この術式は、今まで「レーシック」不適応だった人が受けられる様になったり、視力の回復力が格段に上がったり、後遺症等の発症を軽減したりします。

このように安全性・回復率が共に高く、日々進化・発展しているので、多くの人が望み普及している手術になりました。ただ、どの手術も100%安全とは、言えない様に「レーシック」も100%安全ではありません。よーく病院やクリニックで説明を聞いて、メリット・リスクをよく理解した上で、手術を受けましょう。